54.92.160.119 広島原爆記念集会への国連事務総長の出席は歴史的茶番だ2

 

広島原爆記念集会への国連事務総長の出席は歴史的茶番だ2


1945年5月、国連憲章を作成するために、「宇宙の主」と自称する人々が、サンフランシスコ市パレスホテルに集合した。さらに、その主役の幾人かは、専用のガーデン・ルームに集まり、秘密の会合を持った。

この会合を呼びかけたのは、合衆国代表団長ステティニアス。会合に呼ばれたのは、合衆国大統領及びソヴェトKGBの代理人首席補佐官アルジャー・ヒス、ウォール・ストリートの法律事務所サリバン・アンド・クロムウェルのジョン・フォスター・ダレス(彼の師匠ウィリアム・ネルソン・クロムウェルは議会で活動する「職業革命家」と呼ばれていた)、特命全権大使としてモスクワにおいて2年間スターリンの戦争を指揮していたW・アヴェリル・ハリマンであった。

これら4名は、アメリカの外交に関して巨大な権力を持つ人々であったが、憲法によって正当な権威を持つ者は、国務長官エドワード・ステティニアス・ジュニアだけであった。

ステティニアスが会合を召集したのは、緊急の問題について話し合うためであった。

日本がすでに私的に講和に向けて動き始めていたが、これは米国にとって大きな問題であった。というのも、原爆の完成にはまだ数ヶ月が必要だったからだ。

ステティニアス:「我々は、すでにドイツを失った。もし日本が降伏してしまうと、原爆を試すための生ける実験台を失うことになる。」

アルジャー・ヒス:「しかし、国務長官。この兵器の恐るべき威力を認めない者は誰一人いないでしょう。」

ステティニアス:「たしかに。だが、我々の戦後の計画全体は、原爆によって世界を恐怖に陥れることができるかどうかにかかっている。」

ジョン・フォスター・ダレス:「この目的を達成するには、数字が必要だ。私は百万人(の犠牲者)が適当だと考える。」

ステティニアス:「そのとおり。我々は、百万人を希望する。しかし、もし彼らが降伏してしまうと、すべては台無しになる。」

ジョン・フォスター・ダレス:「だから、どうしても原爆が完成するまで戦争を引き伸ばさなければならない。」

ステティニアス:「心配はない。無条件降伏。日本人は受け入れないだろう。彼らは、天皇を守るために誓いを立てているから。」

ジョン・フォスター・ダレス:「まさにそのとおり。あと3ヶ月間日本に戦争を継続させるべきだ。そうすれば、諸都市に対して原爆を使用できる。我々は、この戦争を、世界のすべての人々をむき出しの恐怖にさらした状態で終結させなければならない。そうすれば、彼らは、我々の意思に従うようになるだろう。」

国連憲章の作成のために集まった人々が、原爆投下のために日本に無条件降伏を突きつけ、戦争の引き伸ばしを図った。

トルーマンに原爆投下にゴー・サインを出させたバーナード・バルークは、戦後、国連原子力委員会の米国代表に任命され、核兵器廃絶のために活動する。核兵器の国際管理、査察、違反への罰則の制定を推進した。

自分で危機を作り出し、国連を通じて解決を模索する。

すべて筋書きどおりの茶番劇だ。

 

 

2010年8月13日

 





 ホーム

 



millnm@path.ne.jp



表示に問題がある場合ここをクリック。成形前のオリジナルのドキュメントが表示されます。



156