54.92.160.119 優生保護法は敵が仕掛けた大量破壊兵器である

 

優生保護法は敵が仕掛けた大量破壊兵器である


日本の人口減少問題の背後には、人工中絶がある。

その数は、実に膨大である。毎年200万人の胎児が殺されている。

戦後人工中絶で殺された数を合わせると、現在の日本の人口に匹敵するとも言われる。

これまで我々の目から隠されてきたことだが、実はこれは、太平洋戦争における大量虐殺とともに、世界のパワーエリートによる日本人絶滅計画の一部であった。

http://www.conspiracyarchive.com/...を参考に、この事情について述べてみたい。

この人工中絶を可能にした法律は、1948年に成立した優生保護法である。

この法律の学問的根拠は、優生学(eugenics)にあるが、実は、この学問の祖は、チャールズ・ダーウィンのいとこであり、彼の最初の業績からインスピレーションを受け、「適者生存」論を強く信じていたイギリスのフランシス・ゴルトンであった。
http://ja.wikipedia.org/...

つまり、優生学と進化論は不可分の関係にある。イギリスにおいて、優生学の研究を進めた人々の苗字は、このことをはっきりと示している。ダーウィン、ハクスレー、ドッジ、オズボーン、ケインズ、ダウンズ…。チャールズ・ダーウィンの息子メイジャー・レオナルド・ダーウィン(1850-1943)は、1911年から1928年まで優生学会の総裁を、1928年から1943年まで名誉総裁を務め、1921年にニューヨークで開かれた第2回国際優生学会議に出席した。

進化論と優生学の本質は、白人種による有色人種に対する支配とジェノサイドの正当化である。


進化論は、もともと白人種・アングロサクソンの言葉で表現された理論であり、それゆえ、西洋の知識階級の人々に熱狂的に受け入れられた。白人種による世界支配と知性は、最大の社会学的な証明であり、それによって、西洋人は、世界に対してその優越性と神から与えられた支配権を示すことができた。
マルサスの人口論と並んで、進化論と優生学は、望ましくない人々、つまり、白痴、痴呆、劣等人種に対する兵器としてパワーエリートたちに利用されている。・・・

メイジャー・レオナルド・ダーウィンの甥ルース・ダーウィンは、1931年ブロック委員会の委員であった。この委員会は、「強制的な不妊処置は、『望ましくない』人々に対する正当な行動方針である」と結論した。

これらの理論は、実行に移された。ナチスが、進化論と優生学に基づいて彼らが言う劣等人種であるユダヤ人やジプシー、ロシア人などの殺戮を行ったことは有名である。しかし、この政策をはじめて実行した国がアメリカであることは知られていない。

アメリカは、1900年から1940年の間に「子供を生むのに適さない」という理由で10万人の人々に不妊手術や精巣除去手術を強制した。

優生学は、秘密結社と深い関係がある。

ゴルトンとダーウィンの共通の祖父エラスムス・ダーウィン(1731-1802)は、フリー・メイソンであり、優生学の研究に資金を提供してきたのは、ロックフェラー財団やフォード財団、ハリマン家やケロッグ家などの著名なスカル・アンド・ボーンズの家族、米国東部のWASPの人々であった。

今日、優生学の支持者たちは、名前を変えて活動している。

ジョン・D・ロックフェラー3世とともに米国人口会議を創設し、米国優生学会の創設者でもあるフレデリック・オズボーンは、「優生学の目標は、優生学以外の名前のもとで達成されるだろう」と述べた(The Future of Human Heredity, 1968, p. 104)。

米国優生学会(1926-1973)は、名称を「社会生物学研究協会」(1973-)に変えた。その機関紙「優生学ニュース」(1939-53)と「優生学クオータリー」(1953-68)は、「社会生物学」(1969-95)という名前に変わった。

ロックフェラーが資金提供する米国人口会議のような「家族計画」組織は、当初の目的の遂行のために活動しているが、「望ましくない人々」は現在は、「アフリカ・アジア・ラテンアメリカの人口過剰な地域に住む貧しい人々」という言い方に変わっている。

産児制限、人工中絶、避妊手術、一人っ子政策は、優生学支持者の道具である。それらは、戦争・病気・飢饉と並んで、非白人種の人口を減らすための戦略的方法である。

このような背景を見ると、日本が優生保護法を制定したのは、当時占領していたアメリカの意向によるものであったと容易に想像できる。

我々は、優生保護法がアメリカ、そしてその背後にいるイルミナティによる攻撃であることを知るべきである。

 

 

2009年4月22日

 





 ホーム

 



millnm@path.ne.jp



表示に問題がある場合ここをクリック。成形前のオリジナルのドキュメントが表示されます。



981