54.196.5.6 日本は原爆を落とされるに値することをしたのか?――大東亜戦争と共産主義の謀略

 

日本は原爆を落とされるに値することをしたのか?
――大東亜戦争と共産主義の謀略――


ダウンタウンの松本人志が、「松本人志の放送室」2005.9.4(土)放送第206回原爆についてアメリカに謝罪を求めたという。


松本人志「アメリカは原爆のことについて謝れ!!!」

あのね俺は、もー、たまらんねーーんっっ!!
そのー、「あれがあったからこそ、
戦争をあのぐらいですませた」というか、
「終わらせれた」みたいに言いよるんですよ。待てと!!
広島と長崎で、何万人死んだ思てんねんっ!!
あの後、あれで、あんなんせえへんかったら、
あんな何万人も死んでへんで、どういう計算方法で、そうなんねん!!
だから、僕、もー、毎年言うてるんです。それは。
そのー、原爆落とされた日にね、
「あーいう、もう二度とこういう、あやまちは」
「あやまちは」ってやるでしょ?
で、子供たちにも、そんな、あの、
悲惨やった話をするじゃないですか。
でもね、「あやまちは」「あやまちは」って言うけど、
原爆に関しては、被害者なんで、
被害者が被害者に伝えていったって、ダメなんですよ。
アメリカの子供に言わんとダメなんですよ。
で、あの、あれやってるんですか?!アメリカで。毎年。
絶対やってないんですよ!だから、60年間、
あいつらのあれは変わらないんですよ!いまだに!
まあまあ、でも、最初の始まりが、
侵略戦争やったりとかするから、日本もね。
そうなんですけども、やっぱ原爆に関してはですね、
これは謝ってもらわんと終わらないですよ!
はぁ〜僕はね・・悔しいんですよ(泣)腹立つんです(泣)
http://society6.2ch.net/...

「最初の始まりが、侵略戦争やったりとかするから」というのは正しい。

また、日本の軍部が「一億玉砕」を唱え、本土決戦に持ち込もうとしたというのも正しい。あのまま行けば、はるかに多くの犠牲者が出た可能性があるというのも正しい。

しかし、資料によると、どうやらこのような「徹底抗戦」を唱えた軍部が、「徹底敗戦」をもくろんだ人々に乗せられていた可能性があるのだ。

かつて憲兵の総元締めである陸軍省兵務課の課長をし(後、局長)、陸軍内部の思想傾向と外部との連絡関係にも深い知識を持っていた田中隆吉は、武藤軍務局長を中心とする政治軍人の背後には共産主義者の理論指導があり、軍閥政治軍人はこの共産主義者の巧妙にして精緻なる祖国敗戦謀略に躍らされたと言っている。

支那事変の中途、武藤章氏が軍務局長となるや、左翼の転向者(これを私は転向右翼と名づけた)が、彼の周囲にブレーンとして参加した。陸軍省の部局に転向共産主義者が召集将校として起用されたのはこの頃である。

統制派政治軍人の理念はこれがためにさらに飛躍した。すなわち大東亜共栄圏の理念である。この理念はコミンテルンの被圧迫民族解放の理念と表裏一体のものである。転向右翼との握手により、統制派の国防国家建設の理念から大東亜共栄圏建設の理念へと発展したことは、やがて三国同盟の締結となり、大政翼賛会の創設となり更に翼政会の出現となり、我が日本を完全なる全体主義国家に変貌せしめた。

しかも、太平洋戦争の勃発は、憲法を無視する推薦選挙の暴挙を生み、国民から言論結社の自由を奪い、ここに世界史に稀にみる軍部独裁の政治体制を確立したのである。この政治体制は陸軍が転向右翼の戦争に乗ぜられたものでなくて何であろう。統制派の政治軍人が軍人の本分を忘れ、濫りに政治に関与し、国民に号令しつつあるとき、私のいわゆる転向右翼はすでに統制派の内部に巣食ひ、彼ら転向右翼が目指す祖国敗戦の方途を画策しつつあった。

政治にも思想にも将た又経済にも殆ど無智な軍人が、サーベルの威力により、その付け焼刃的理念を政治行動に移して強行し、自己陶酔に耽りつつあったとき、巧妙に精緻なるこの種の策謀に乗ぜられたのは当然の帰結である(『日本軍閥暗躍史』83-84ページ)。
(三田村武夫『大東亜戦争とスターリンの謀略』(戦争と共産主義)自由選書、47-48ページより抜粋)

また近衛は、天皇への上奏文の中で次のように述べた。

軍部内一味の革新論の狙ひは必ずしも共産革命に非ずとするも、これを取巻く一部官僚及民間有志(これを右翼といふも可、左翼といふも可なり、右翼は国体の衣を着けた共産主義者なり)は意識的に共産革命にまで引きづらんとする意図を包蔵しおり、無知単純なる軍人これに躍らされたりと見て大過なしと存候

軍部は共産主義者に騙されていた。

そして、その共産主義者たちが何を望んでいたかというと、徹底した敗戦革命だ。

第一次近衛内閣以来、近衛陣営の最高政治幕僚として軍部首脳部とも密接な関係を持ち、日華事変処理の方向、国内政治経済体制の動向に殆ど決定的な発現と指導的な役割を演じて来た尾崎秀実は、実は中国共産党上部組織及びコミンテルン本部機関に加わり、コミンテルンの秘密活動に従事していた真実の、最も実践的な共産主義者だった。

コミンテルンは、第6回大会において「帝国主義戦争と各国共産党の任務に関するテーゼ」において以下を決定した。

共産主義者の帝国主義戦争反対闘争は、一般平和主義者の戦争反対運動とその根底を異にしている。われわれはこの反戦闘争をブルジョア支配階級覆滅を目的とした階級戦と不可分のものとしなければならない。蓋しブルジョアの支配が存続する限り帝国主義戦争は避け難いからである。
・・・
帝国主義戦争が勃発した場合に於ける共産主義者の政治綱領は、
(1)自国政府の敗北を助成すること。
(2)帝国主義戦争を自己崩壊の内乱戦たらしめること。
(3)民主的な方法による正義の平和は到底不可能なるが故に、戦争を通じてプロレタリア革命を遂行すること。
である。
(前掲書39-40ページ)

この共産主義の本質に関して、セントルイス『ポスト・ディスパッチ』は、次のように述べた。

「――世界を次の戦争へ、そして又次の戦争へと投げこんでいって、ついに共産主義が到るところに君臨することを意図する」

また、『ニューヨーク・タイムズ』は、

――共産主義の勝利を促進するためには、共産主義者はあらゆる可能な所で革命を起こさなければならない。そして戦争による混乱の後をうけてこれを行うのが最も有利である。革命への素地をつくるには、彼等はあらゆる利害の衝突ばかりでなく、あらゆる改革運動をも利用してこれを行わねばならない。この仕事にあたっては、彼等は、一般の通念となっている道徳的規範を無視して、あらゆる詭計、あらゆる虚構を用いなければならない。――(以上2引用、前掲書43-44ページ)

尾崎を通じて日本を誘導したコミンテルンの計画は、徹底した敗戦の後の混乱に乗じて共産革命をすることだった。

それゆえ、私は、軍部の一億玉砕のスローガンが単に軍部から出たものではなく、共産主義者の誘導によるものであると考えている。

日本と日本人は、共産主義者によってはめられ、未曾有の災禍にみまわれ、亡国の憂き目にあった。

この敗戦を、ただ日本と日本人による自滅と考えてよいのだろうか。従来の国際世論の「日本は原爆を落とされるに値することをした」と単純に認めてよいのだろうか。



イルミナティと外交問題評議会
日本は戦争の悲惨さを示すモデルとして世界統一政府論者に選ばれていたのでは?
石原莞爾は世界統一政府論者のエージェントだった?
シフが日露戦争で日本に投資した本当の理由
Why did Schiff lend money to Japan before Japan-Russia war?

 

2007年8月11日

 





 ホーム

 



millnm@path.ne.jp



表示に問題がある場合ここをクリック。成形前のオリジナルのドキュメントが表示されます。



899