世界を支配しようとしているニムロデの子孫たち

 

 

EUのシンボルはバベルの塔である。

http://www.millnm.net/qanda3/satanEU.htm

 

 

バベルの塔とは神に反逆した人類による世界統一の最初の試みの象徴である。

 

 

そのころ、人々は東のほうから移動して来て、シヌアルの地に平地を見つけ、そこに定住した。

彼らは互いに言った。「さあ、れんがを作ってよく焼こう。」彼らは石の代わりにれんがを用い、粘土の代わりに瀝青を用いた。

そのうちに彼らは言うようになった。「さあ、われわれは町を建て、頂が天に届く塔を建て、名をあげよう。われわれが全地に散らされるといけないから。」

そのとき主は人間の建てた町と塔をご覧になるために降りて来られた。

主は仰せになった。「彼らがみな、一つの民、一つのことばで、このようなことをし始めたのなら、今や彼らがしようと思うことで、とどめられることはない。

さあ、降りて行って、そこでの彼らのことばを混乱させ、彼らが互いにことばが通じないようにしよう。」

こうして主は人々を、そこから地の全面に散らされたので、彼らはその町を建てるのをやめた。

それゆえ、その町の名はバベルと呼ばれた。主が全地のことばをそこで混乱させたから、すなわち、主が人々をそこから地の全面に散らしたからである。(創世記112-9

 

 

このバベルの塔の建設者は、バベルの王ニムロデであった。

 

 

ニムロデは地上で最初の権力者となった。

彼は主のおかげで、力ある猟師になったので、「主のおかげで、力ある猟師ニムロデのようだ。」と言われるようになった。

彼の王国の初めは、バベル・・・であって、みな、シヌアルの地にあった。(創世記10910

 

 

ニムロデは、フリーメイソンにおいて、ルシファー(サタン)と同一と考えられている。

 

WE・リデルは、著書 'The Pickingill Papers The Origins of the Gardnerian Craft'  W.E. Liddell and Michael Howard. Published in 1994 by Capall Bann Publishing, ISBN 1898307105.)の中で、次のように述べた。

 

 

中世の魔女やイギリスのフリーメイソンは、ルシファーを「ニムロデ」と呼んだ。ニムロデは、天に昇ろうとした「内在神」の奮闘を表す一般的な用語である。・・・ルシファーは、ニムロデと同一と考えられる。ほとんどのフリーメイソンたちは、ニムロデとバベルの塔が[もともと]、(メイソン)クラフト神話における基本の一つであると知って驚くだろう。・・・我々の創始者であり、最高のグランド・マスターは、あの有名な[悪名高い]塔の建設者、ニムロデ王本人であると断言されている。当時の活動的メイソンたちに最初の「命令」を与えたと言われるのは、ソロモン王ではなく、ニムロデなのである。

http://www.islamicparty.com/commonsense/19mason.htm

 

 

ニムロデは、バアルという名で知られるようになり、バビロンの人々に太陽神として崇拝されるようになった。

http://www.geocities.com/Heartland/Prairie/4577/Nimrod.html

 

 

バアルは、聖書において、イスラエル人の偶像礼拝の象徴であり、モロクの別名である。

http://en.wikipedia.org/wiki/Moloch

 

 

つまり、ニムロデ=バアル=モロクである。

 

 

モロクは、火による犠牲を要求する神であり、その象徴の一つはフクロウである。

 

 

バビロニアの月の女神イシュタルが、2羽のフクロウに挟まれて立っている。

 

 

ボヘミアン・グローブで、世界の指導者は、フクロウの像の前でモロク礼拝をしている。

http://www.millnm.net/qanda3/bohemianclub.htm

 

 

ギリシアが発行したユーロ・コインにフクロウの図柄がある

 

 

 

ピラミッドの中に目がある図柄は、ホルスの目と呼ばれる。この象徴は、バビロンの宗教で用いられている。

エジプトの神話では、オシリスがセトに殺害され、セトはホルスに殺害された。ホルスはその過程で片目を失った。33階級のフリーメイソンで、黒い貴族であったフランクリン・デラノ・ルーズベルトは、1933年、このシンボルを1ドル札に加えた。

 

 

このシンボルは、合衆国が採用する前に、ヨーロッパにおいて秘密結社のシンボルとして長い歴史を持っていた。

http://whale.to/b/eye_s.html

 

ロスチャイルドはニムロデの子孫と言われており、ロスチャイルド系の企業にはRothschild Nemrod Diversified Holdings Rothschild Nemrod Leveraged Signature Fundなどニムロデの名が入っているものがある。

 

今世界を支配しようとしているものは、古代のサタン崇拝者ニムロデの子孫たちである。





 

歴史を通じて続くニムロデの子孫との戦い

 

 

 

 

200943

 

 

millnm@path.ne.jp