3.239.236.140 生ける神の手の中に陥ることは恐ろしいことです

 

生ける神の手の中に陥ることは恐ろしいことです


私のところに来て、残念ながらもとの木阿弥になってしまった人々がいる。

とくに霊的な問題を持っている人の場合には、最後は悲惨である。

われわれは、霊的な戦いの中にいるということを理解していただきたい。

少しでも隙ができると、そこからサタンが入って、考え方を変える。

聖書から少しでも離れたり、矛盾したことを考えたりすると、そこでサタンがつけ入る隙ができる。

最初は、こちらのほうが合理的で聖書的に思えるということで、そちらに入っていくと、最後には、めちゃくちゃにされる。

聖書信仰を失って、いったい誰が支えてくれるのだろうか。

イエスを信じることができなくなって、いったい誰があなたの支えになるのか。

だから、私は、絶対に非聖書的な考えを持ち込まない。

聖書を究極の権威とするならば、それに頼る人が失敗することなどありえない。

神が支えてくださるからだ。

しかし、傲慢になって、聖書と矛盾するようなことを堂々と主張し始めるならば、そこで神の支援を拒否するのだから、最後は悲惨である。

サタンに蹴り回される。

われわれは、生きるか死ぬかの瀬戸際にいる。

信仰を失ったら、即死である。

このように言ってもなお、こちらに来ないのであれば、もうつける薬はない。

頑固な人は、さらに頑固にされる。

そして、もう戻れなくなる。

私が、自分の主張を繰り返すのも、限度がある。

それに対して有効な反論を試みるならまだしも、一方的な邪推、非論理によって攻撃するならば、私は神に委ねる。

神は、私の手から離れたそれらの人々を、サタンに渡される。

傲慢で悔い改めない心がどれほど恐ろしいか。


生ける神の手の中に陥ることは恐ろしいことです。(ヘブル10・31)

 

 

2015年5月17日





 

 ホーム

 



robcorp@millnm.net



表示に問題がある場合ここをクリック。成形前のオリジナルのドキュメントが表示されます。