ロンドンオリンピックとフリーメイソンのシンボリズム

 


今回のロンドン五輪ほどフリーメイソン・イルミナティの陰謀が露骨に表現された大会はなかった。


http://p.tl/...


 



 


三角形の照明は、明らかに「ピラミッドと目」であり、米1ドル札と同じテーマである。別の場所にあるものを合わせて18個ある。6+6+618


 



 


マスコット人形の角は「ピラミッドと目」。トーチも三角形。


 


 



 


閉会式において、ピラミッドが、「ひれ伏した人々」によって作られた。


http://p.tl/ZshQ


 


 



聖火台は、明らかにフリーメイソンのシンボル。


 


 


 


 



 


スタジアムに引かれたラインは、六芒星。


 



 


不死鳥が炎に包まれた世界から復活する。


 


旧世界の灰の中から新世界(ニュー・ワールド・オーダー)が登場する。


 


 



 


この不死鳥の羽は、フリーメイソンの定規の位置におかれ、コンパスを表す3角形と合体して、フリーメイソンの紋章を形成する。


 


 



 


 


 


 



 


アニー・レノックスがボートに乗って現れる。その後ろには大きな翼をもつルシファーのような人。


 


このボートは、三途の川を渡る神秘的なボート。この川は、地獄やハデスを通っている。


 


グローバルエリートによってより高次な世界に導かれる人類。


 


このオリンピックは、オカルト主義者のフリーメイソンたちによって作られた「啓示」である。


 


旧い世界は戦争や天然災害、病気、テロなどによって滅びるが、そこからニュー・ワールド・オーダーが登場すると。


 


そこでメシアの役割を果たすのが、ユダヤ人シオニストたち。


 



 


ロゴを崩すと、ZIONという文字が出てくる。


 


「シオニスト=ロスチャイルドが、世界政府を建設し、ニュー・ワールド・オーダーをもたらす」と考えているのだろう。


 


 


見事に失敗してほしいものだ。





 


ロンドン・オリンピックはシオニストのオリンピックである

 

2013年3月16日





 

 ホーム

 



robcorp@millnm.net