共産主義はユダヤ人の世界支配を目指す運動である


共産主義は、労働者のためにあるというのは真っ赤な嘘である。

それはユダヤ人のために作られた思想だ。

マルクスは、イルミナティの下部組織である『義人連盟』の会員であった。


モーゼス・モルデカイ・マルクス・レヴィ、別名カール・マルクス、は、ユダヤ人であり、サタニスト、イルミナティの支部『義人連盟』のメンバーであった。[2011](Solving the Mystery of Babylon the Great by Edward Hendrie)

ユダヤ人による世界支配のためにこの思想を編み出した。

1848年、カール・マルクスとフリードリヒ・エンゲルスが
『共産党宣言』を発表しました。執筆を依頼したバルーフ・レヴィという人物が、マルクス宛の手紙の中で、その目的を打ち明けています。

「この新しい人類の社会組織の中で、我々ユダヤ人はいかなる国家に属することもなく、また他の民族から何の抵抗を受けることなくして指導勢力となり、やがてその影響は全世界に及ぶことになるでしょう。そして、もし彼らの中の何人かの賢者が、これら労働大衆のうちに確固たる指導権を打ちたてることに成功するなら、プロレタリアの勝利によって次々に世界共和国の一部となっていく諸国家の支配権は、これらプロレタリアを指導する我々ユダヤ人の手に容易に収めることができます。要するに、プロレタリアの勝利は私有財産の廃止をもたらし、こうして公有財産となった他民族のあらゆる私有財産は、公有財産を管理するユダヤ人の支配下に入るのです。かくして我々ユダヤ人のメシアが到来する時、ユダヤ人は全世界の民の財産をことごとくダビデの星の下につかさどるであろうと言い伝えられてきたタルムードの予言が実現されることでしょう。」
http://matomenati.blog.fc2.com/blog-entry-184.html

私有財産の廃止は、富が民衆に割り当てられるためではなく、没収された富を管理する共産党と、それを支配するユダヤ人のためであった。

ユダヤ至上主義者のラビ、ハリー・ウェイトンは、「共産主義はユダヤ的であるだけではなく、ユダヤ人による世界支配とすべての非ユダヤ人の隷属化のためのシステムでもある。これは、トーラーとタルムードの誇大妄想的メシア的解釈である。」1939年の著書『A Program for The Jews and An Answer To All Anti-Semites: A Program for Humanity(ユダヤ人の計画、及び、反ユダヤ主義者への回答:人類のための計画)』において、この人種主義者であるラビは次のように述べた。

ユダヤ教がマルクス主義を生んだのは偶然ではない。さらに、ユダヤ人がマルクス主義をすぐに採用したのも偶然ではない。これはすべて、ユダヤ教とユダヤ人の発展と完全に調和していた。ユダヤ人は、エホバがもはや天にはおられないと悟るべきである。エホバはこの地上にお住まいなのだ。われわれは、エホバを天に求めるべきではなく、われわれのただ中におられると見なければならない。(p. 148)

ユダヤ人は、もっとも優秀でもっとも教養のある民族なので、他の人類を支配し、全世界の主になる権利を有する。これこそ、歴史におけるユダヤ人の運命なのだ。(p. 99)

ユダヤ教は、共産主義であり、国際主義であり、人類皆兄弟主義であり、労働者階級と人間社会の解放を説く。この精神的な武器を用いて、ユダヤ人は世界と人類を征服するだろう(p. 100)


――[2012 Feb] The Jew World Order Unmasked
http://www.whale.to/c/karl_marx.html

左翼の人々は、共産主義社会の実現と、それをまとめた国際共産主義社会の実現、そして、それを束ねるユダヤ人のために働く、「騙された人々」である。